2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10話 『怯えるウサギと震えるカメ』

 相手チームのナイキ製、オランダ代表もどきのオレンジ色したユニフォームに比べて、同じナイキ製だけど、俺たちの緑色のビブスはなんだか滑稽に思えた。結婚式にTシャツで挑む気分。
 初めての試合にみんなの表情は硬かった。よっPやケン、マサやマッチョなんかにとっては人生で初めてのサッカーの試合だから無理も無いんだけど。
 「たいしたことないですよ、絶対勝てますって」ケイタの連れてきた後輩、ユアサはそう言って怯えるウサギたちを勇気づけた。ついこないだまで現役だっただけに頼もしい。まだ高校2年生なんだけど、部活は監督と喧嘩して辞めたらしい。イタズラ好きの小学生みたいな奴。
 100均で買ってきたホワイトボードを使ってフォーメーションをみんなに説明する。最初はアッチの意見を尊重して守備的な布陣で臨むことにした。
 GKマサ。サイドバックは右にケン、左にマッチョ。センターバックはアタルとユアサ。ボランチはダブルボランチでアッチとケイタ。右のMFに俺、左にタクちゃん。ワントップがよっP。10人でやるので4-4-1のシステム。
 相手チームは審判を一人出してもまだ余るぐらいの人数。アズレプはギリギリ。買ってきたキャンプ用の簡易ベンチの上には荷物だけ。
 「そろそろ、やりましょう!」お互いに軽いアップを済ませて、ついにアズレプ初の練習試合が始まった。

 前半開始3分、多分みんな頭の中は真っ白。右、左に振られてからセンターへ、相手チームの14番のシュートは当りそこなってコロコロとGKマサの前へ。
 「オーケー」そう言ってマサは余裕でボールを掴んだかに見えた。だがボールはマサの股をぬけてそのままゴールまで…いきなりの失点。トンネル。
 「ウソだろ…」きっと誰もがそう思った。
 一方的な試合になった。上がりすぎてる両サイドバックの裏をガンガン狙われ、センターバックが引きずり出される。ボランチのアッチはDFラインに吸収されるぐらい下がり目で、元々サイドハーフのケイタは右に開きすぎ、ポッカリ空いた中盤を相手に完全に支配されてしまった。
 なんとかそれでもアタルとユアサが頑張っていたんだけど、前半10分、今度は完璧にサイドを崩されて失点。続く13分にも中央からのミドルシュートで追加点を取られた。
 そして前半21分、フワフワと飛んできたボールをキャッチしようとしたマサが、それを後ろに逸らしてしまい…4点目。
 こんなはずじゃなかった。攻撃もパスが上手くつながらずに形にならない。まだ一回しか揃って練習したことがないだけに連携もクソもない。
 30分ハーフの前半が終わって、スコアは0-4。座り込んだウサギたちは汗でずぶ濡れ。なかでもGKのマサが一番疲れた顔をしていた。誰もミスを責めることはしなかったんだけど。
 「兄ちゃん、なにカメみたいに縮こまってるの!?完全にカメじゃん!」弟のケンだけは遠慮なくマサのミスをからかった。多分、ケンに言われるのがマサには一番堪えるだろう。
 「このままじゃヤバイぞ、どうする?」俺の言葉にアッチはホワイトボードを取り出してポジションの修正。
 「攻めましょう!このままじゃヤラれるだけです」考え込むアッチにケイタがそう言った。確かにもう攻めるしかない。
 ボランチをアッチ一枚にして、ケイタを右サイドに、俺がトップに上がることにした。4-3-2、攻めの枚数を増やすしか方法はなかった。
 このままじゃ終われない。



★後半戦に臨むアズレプに愛のワンクリックを…★
 
 
スポンサーサイト

コメント

こんばん^-^英出番はなかったようですね。大体出場予想されてる試合は次の試合辺りじゃなかったですかね??そんな子といってたような気がするのですが・・・気のせいならすみません^0^; チェルシーやばいですね・・・もしかしたら、チャールトンが通称争いに食い込むかも知れませんし。でもマンUもまだ負けてはいませんし、まだ序盤戦ですから、まだまだ分からないと思います。応援続けますよ^0^インテル、まさかの3失点。しんじられませんね><FW陣がぼろぼろで、どうしようもなかったですね><レコバはほんと、もっと見たい選手なんですけど、監督にとったら使いにくい選手なのかも知れませんね^-^;ファンタジスタなだけに。。。それではまた^0^

マサキーン さん>

いつもコメントありがとうございます。
やっぱりファンタジスタは敬遠されてしまうんですかね…
でもマンチーニなら上手くやってくれると思うんですが…
まだまだ始まったばかりですからね。
インテルのスクデットを信じて応援しますよ!

こんちは^-^ロナウドには、ほんと心からご冥福をお祈りいたします。これを乗り切り早くたくましくなった姿をみたいですね。

ファンタジスタはやはり、監督としては使いにくいでしょうね^0^;ボール持ちすぎるときもあるし、パスもどんなパス出すか分からないし、連携も組ませにくいんじゃないですか^0^;だから、試合展開が読めないんだろうと思いますよ。監督ってある程度想定して試合に臨むようですからね^-^想定外が多いだろうけど^0^;では^0^今日はもうクリックしましたので☆また明日♪

マサキーン さん>

やっぱり監督にとってファンタジスタは扱い難いんでしょうね~愛するバッジョも色んな監督に冷遇されたし…でも観る者としてはサッカーにファンタジスタは不可欠ですよね!ファンタジーあってこそのサッカーですよ!笑

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azlpkj9.blog21.fc2.com/tb.php/10-e0ca09f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

K・J・TAKE

Author:K・J・TAKE
実話から生まれた物語。
色んな奴らが集まって誕生したサッカーチーム『アズレプ』の愛と感動?の日々。

初小説ですけど頑張って書いていこうと思います!
ブログランキング、愛のワンクリック大歓迎!
サッカー関係のLINKも大喜びで歓迎です!

FC2カウンター

最初から読む!!

AZLP.gif
第1話『退屈』へGO!!

アズレプ『目次』

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。